HOME > 活動報告

おく村義則の活動報告

2014年3月29日

【地元活動レポート】
鯖江市視覚障がい者福祉協会・斉藤会長と現場立ち合い

 歩道の点字ブロック設置場所で不具合が生じている箇所があるので行政につないで欲しいと2月末頃に連絡を受けて、現地に行ってみたが場所がわからなかった為、斉藤会長さんに同行していただき、現場に直行した。  2か所、3枚の点字ブロックの不具合を確認した。 4月になったら県の土木事務所へ・・・。

2014年3月28日

【地元活動レポート】
市民からの連絡で現場確認

 昼食時にTELがあり、「ガードレール設置場所でコンクリ―トの大きなブロックに支柱が固定されているがどうしてか」との問い合わせ。  早速、現場にかけつけた。  年度末で、行政機関も引き継ぎ等であわただしい状況であり、4月第2週をめどにその理由を・・・・。

2014年3月27日

【議員活動レポート】
午前・街頭演説、 午後・社会福祉協議会評議委員会に参加

 遠藤議員と共に、午前中街頭演説を行った。越前町内2カ所、鯖江市内3カ所、約2時間(移動時間も含む)行った。  演説タイトルは「復興加速に全力! ―東日本大震災から3年―」「障がい者スポーツ振興を」でした。  午後からは、アイアイ鯖江・健康福祉センター・多目的ホールで社会福祉協議会評議委員会に...

2014年3月26日

【視察】
横浜市西区視察「温故知新・魅力アップ事業について」

 鯖江市は来年1月15日に市制施行60周年を迎える。  平成26年度は西山公園の礎を築いた鯖江藩7代藩主間部詮勝公の藩主就任200年、「西山公園」に改称して100周年の記念すべき年であり、4月1日には鯖江市政60周年記念「市庁舎耐震改修工事完成記念式典」の挙行、4月4日には公園南側の道の駅「西山公園」落成式典...

2014年3月25日

【視察】
埼玉県春日部市「首都圏外郭放水路」視察

 首都圏外郭放水路は、中川、倉松川、大落古利根川など中小河川の洪水を地下に取り込み、国道沿いの地底50mを貫く総延長6.3kmのトンネルを通して江戸川に流す、世界最大級の地下放水路だ。  日本が世界の最先端の土木技術を結集、平成5年3月から約13年かけ平成18年6月に完成、総事業費は2,300億円。  ...

応援メッセージ

斉藤文和 さん

鯖江市視覚障害者福祉協会 会長
いつも親身になって働いてくれ、感謝しています。今後の活躍も期待しています。

芳村昇 さん

芳村設備 代表
家族のことでお世話になりました。親身に対応してくれる、信頼できる議員です。



Copyright© Yohinori Okumura AllRights Reserved.