HOME > 活動報告 > 活動詳細

おく村義則の活動報告

2014年7月5日【地元活動レポート】さばえけものアカデミー第3回講座に出席

7月5日(土)PM1時から鯖江市文化センター3F講堂で「さばえけものアカデミー第3期」の講座(第3回)が開催。



地元町内の坂井昭さんと受講させていただいた。

今回はアライグマの捕獲について、埼玉県農林総合研究センター鳥獣害防除担当部長の古谷益朗氏がアライグマの生態・被害・防除方法・農作物の被害防止技術について、解りやすい説明の講義をしていただき、今後の捕獲作戦で大いに参考になるものとなった。



昨年は、ハクビシン・アナグマ等、地元町内で仕掛けた檻で捕獲実績があったが、最近は檻を仕掛けても捕獲に繋がっていない。



「エサにキャラメルコーンやドーナツが有効であること、捕獲動物の侵入口の脇に檻を設置することが肝心である」ことを学んだので、さっそく実行し、結果を期待したい。

埼玉県ではアライグマによる農作物被害が大きな問題になっており、近年は年間2000頭の捕獲実績があるがアライグマの個体数は減少傾向と言えないという。

今は被害がなくても地域あるいは近隣自治体での捕獲体制の確立が急務と訴えていた。





私は、福井県アライグマ防除実施計画に基づく、「アライグマ捕獲従事者証」をいただいており、最大の努力をしていこうと決意・・・。

応援メッセージ

斉藤文和 さん

鯖江市視覚障害者福祉協会 会長
いつも親身になって働いてくれ、感謝しています。今後の活躍も期待しています。

芳村昇 さん

芳村設備 代表
家族のことでお世話になりました。親身に対応してくれる、信頼できる議員です。



Copyright© Yohinori Okumura AllRights Reserved.