HOME > 活動報告 > 活動詳細

おく村義則の活動報告

2014年7月13日【地元活動レポート】福井豪雨から10年~その教訓を活かして~パネルディスカッションに参加

7月13日(日)早朝より、片上・北中山・河和田地区で総合防災訓練および水防訓練が行われた。



そして、11時から河和田小学校体育館で“福井豪雨から10年~その教訓を活かして~とのタイトルで牧野市長はじめ5人のパネラーによるディスカッションがあり、これに参加させていただいた。



福井豪雨を経験した当時の河和田地区区長会長の高野氏、当時消防北中山分遣所所長補佐の井波氏、片上地区防災リーダーの福田氏の生々しい体験と福井大学教授の野嶋氏が漆器産業の復興の軌跡等貴重なお話を拝聴させていただいた。



最後に牧野市長はこれまで行ってきたインフラ整備は時間雨量45ミリに耐えるものであり、10年前の福井豪雨のような時間雨量80ミリといった豪雨になれば、災害は免れない。



自分の命は自分で守り、いかに減災につなげるかだと地域の防災(自主防災組織)に期待した。



各町内で結成されている自主防災組織の充実が不可欠だ・・・。

応援メッセージ

斉藤文和 さん

鯖江市視覚障害者福祉協会 会長
いつも親身になって働いてくれ、感謝しています。今後の活躍も期待しています。

芳村昇 さん

芳村設備 代表
家族のことでお世話になりました。親身に対応してくれる、信頼できる議員です。



Copyright© Yohinori Okumura AllRights Reserved.