HOME > 活動報告 > 活動詳細

おく村義則の活動報告

2010年10月20日【議員活動報告】福島県会津若松市 視察

会津若松市の地域情報化基本計画は、

第三次計画際執年度の平成21年度までに地域情報化の基盤を支えるための必要な情報通信基盤の整備を中心課題として推進してきており、

市内全域でのブロードバンド利用環境が確立をし、公民館への公共フリースポットの整備により、

市民が負担を強いられることなくインターネットを利用できる環境づくりを進めている。



一方、「地域情報化に関する市民アンケート」の結果によると、

現状ではこれらの環境を十分に利活用できない市民が約半数おり、

第四時計画ではこれまでパソコンなどの情報機器やインターネットに触れてこなかった方も対象とし、

情報リテラシーの向上を図り全ての市民が情報化の恩恵を受けられるような推進プログラムを組んでおり、

地域情報化を担う技術アドバイザーなど人材育成確保やITリーダーを各課に配置することにより、

職員の情報リテラシー・情報セキュリティーレベルの向上を図ることによって、

(1)地域コミュニティとの連携による地域の活性化促進

(2)ICTを活用した行政サービスの活用促進
(3)人・技・歴史の情報発信による地域経済の振興支援

の3つの基本目標に掲げている。



テレビや家庭用ゲーム機など身近な情報機器を活用することによって、

より多くの市民にサービス提供が可能にしていこうとする考えはすばらしいと思います。


また、平成23年2月には住民票・印鑑証明がコンビニ(セブンイレブン34店舗)交付が開始されるなど、会津若松市民にとってはありがたいサービスを受けられることになります。



検収終了後、市内を見学しましたが、大正時代の建造物が立ち並び歴史を感じさせる街並みがとっても印象的で、コンビニも瓦葺の屋根で驚きました。

応援メッセージ

斉藤文和 さん

鯖江市視覚障害者福祉協会 会長
いつも親身になって働いてくれ、感謝しています。今後の活躍も期待しています。

芳村昇 さん

芳村設備 代表
家族のことでお世話になりました。親身に対応してくれる、信頼できる議員です。



Copyright© Yohinori Okumura AllRights Reserved.