HOME > 活動報告 > 活動詳細

おく村義則の活動報告

2021年6月9日【議員活動レポート】福井新聞に一般質問の記事掲載

昨日、行った私の一般質問に対する理事者の答弁が

本日付け福井新聞2面に掲載されておりました。



「本年度、県から分別アドバイザーの派遣を受け、

賞味期限切れの食品が捨てられている割合など、

これまで以上に細分化した調査を行う方針を示した」

との内容です。



これは、食品ロス削減に向けた今後の取り組みに対する答弁です。



鯖江市は毎年、生ごみの組成調査を行っています。

昨年10月に行われた調査に

私は27日の午後、29日の午前の2回参加しております。



この時の調査の結果、

および昨年の12月に提案した本市の「脱炭素宣言」に対し、

先日の5月20日に「2050ゼロカーボンシティ」宣言をしたことで、

今回この質問を取り上げました。



分別アドバイザーを鯖江市に派遣していただくということは、

今後の食品ロス削減にむけた施策展開が県のモデルになるということだと思います。



そういった意味からも

今後、食品ロス削減の効果に期待をしたい!!

応援メッセージ

斉藤文和 さん

鯖江市視覚障害者福祉協会 会長
いつも親身になって働いてくれ、感謝しています。今後の活躍も期待しています。

芳村昇 さん

芳村設備 代表
家族のことでお世話になりました。親身に対応してくれる、信頼できる議員です。



Copyright© Yohinori Okumura AllRights Reserved.