HOME > 活動報告 > 活動詳細

おく村義則の活動報告

2022年9月18日【地元活動レポート】今月2回目の町内サロン実施

9月18日(日)10時より、今月2回目のサロンが開かれました。

草刈り、袋詰め作業で流した汗をシャワーして・・・。



ちょっとくたびれていましたが、会場の公民館に足を運びました。

今回は、作業療法士の竹川さんを迎え、熱中症予防、認知症予防についてお話
を・・・。

お話の後、手、足を使って歌いながらの「脳トレ」を・・・。



お話の中では、

熱中症予防として、水分補給は500ml飲んでも200mlしか吸収されないので、

200mlを目途に複数回にわたって飲むことがよい。

濃いお茶やコーヒーはダメで麦茶やスポーツ飲料を、できれば常温で・・。



エアコンによる部屋の乾燥から冬でも熱中症はあり要注意!!



認知症については

・引っ越し等、環境の変化は認知症になりやすい。

・タンパク質の接種がすくないと認知症は進行する。

・呼吸法―鼻から吸って口からはく癖をつけること。



竹川さんは作業療法士としてのご自身の経験から語られていましたが、

参加されていたサロン会員の皆さんにとって、

少しでも日常生活に活かしていくことが重要で・・・。

私自身も活かしていきたいと思います。



最近、集ってくるのは10人くらいでありましたが、

今回14人の参加者がありました。

コロナ以前は20人以上が集っておりましたが、

参加者の中には、最近、施設に入所した方、通所の方も増えました。



サロン開催が出来なかった期間もあったりしたことで、

人と会う機会の減少、会話の減少が認知機能の低下や

虚弱体質(フレイル)に進行していっているのだろうと思います。



サロン会員は65歳以上が対象で、今後、新しい会員の増加に工夫が必要ですね!!

応援メッセージ

斉藤文和 さん

鯖江市視覚障害者福祉協会 会長
いつも親身になって働いてくれ、感謝しています。今後の活躍も期待しています。

芳村昇 さん

芳村設備 代表
家族のことでお世話になりました。親身に対応してくれる、信頼できる議員です。



Copyright© Yohinori Okumura AllRights Reserved.